【DeNA】桑原将志が代打で決勝打 こどもの日の一打に「華があるプレーを出来る選手ではないので…」

スポーツ報知
7回2死満塁、代打・桑原将志が勝ち越しの右前2点適時打を放つ

◆JERAセ・リーグ 中日0―4DeNA(5日・バンテリンドーム)

 DeNAの桑原将志外野手(27)が、両軍無得点の7回2死満塁で代打出場。それまで攻めあぐねていた中日先発・勝野から右前に先制で決勝打となる2点適時打を放った。試合の均衡を破る一打に「先発のハマちゃん(浜口)が粘り強く、バックのいいプレーもあったりで、緊迫した場面だったので、なんとかハマちゃんだったりいいプレーに報いるじゃないけど、何とかその人たちのためにと思って打席に入りました」とうなずいた。

 この日はこどもの日とあって、スコアボードの選手名表記がひらがなとカタカナが用いられるなど、球場にはこどもの姿も多く見られた。幼少期から白球を追っていた桑原は「僕はそんなに華があるプレーを出来る選手ではないので、自分の出来る役割を精いっぱい全うすることを考えて、全力プレーがモットー。それを伝えられたらうれしい。ああいう場面で結果残せてチームの勝ちに貢献出来てうれしい」とコメントしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請