【西武】売り出し中の若林楽人が途中交代 辻監督「用心して代えた」

スポーツ報知
1回無死、右前に二塁打を放つ若林楽人

◆西武6―1オリックス(5日・メットライフ)

 「1番・中堅」で先発出場した西武・若林楽人外野手(23)が、4回の守備から途中交代した。

 初回先頭で、オリックス・山本から、先制点につながる右翼への二塁打を放っていたが、この時の走塁で足の軽い張りを発症。アイシングで様子を見るといい、辻監督は「テーピングしたら、(若林本人は)『いけます』って言ったんだけど、ここで脱落されたら困るんで。用心して代えました」と説明した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請