【DeNA】浜口遥大が2勝目 中5日で6回3安打無失点「調子自体は良かった」

好投したDeNA先発の浜口遥大
好投したDeNA先発の浜口遥大

◆「JERAセ・リーグ公式戦」中日0―4DeNA(5日・バンテリンドームナゴヤ)

 先発したDeNA・浜口遥大投手(26)が、6回95球で3安打無失点、8奪三振の好投を見せて2勝目(3敗)をつかんだ。

 今季2度目の中5日の登板ながら、立ち上がりからエンジン全開だった左腕。初回1死からはイニングをまたいで4者連続三振を奪うなど、テンポよく中日打線を翻弄した。5回1死一、三塁では根尾の左飛で三塁走者の木下拓が本塁突入を試みるも、左翼手の佐野が刺す好守にも助けられた。

 4月29日の広島戦(マツダ)でつかんだ初勝利から自身2連勝。「調子自体は良かったです。両サイドに上手くストレートを投げ分けることができ、変化球も低めに集められました。嶺井さんが上手くリードしてくれたのでリズムよく投げることが抑えることが出来ました。野手の方にも助けてもらい感謝しています」とうなずいていた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請