【巨人】丸佳浩が“ヤマ勘”スーパーキャッチ連発 マツダスタジアムで珍事続出

7回2死一塁、打球が太陽と重なり落球しそうになった丸佳浩
7回2死一塁、打球が太陽と重なり落球しそうになった丸佳浩

◆JERAセ・リーグ 広島―巨人(5日・マツダ)

 巨人の丸佳浩外野手(32)が好守連発で沸かせた。2点リードの7回守備。1死から安部が放った打球は中堅への平凡なフライに思われたが、軌道が太陽と重なったのか、丸は一瞬ボールを見失ったような動きになりながら、落下ポイントを予測するようにグラブを出して何とかキャッチした。

 さらに小園のフライも再びセンターへ。同じように太陽に視界を遮られ、今度は地面スレスレですくい上げるような捕球となった丸は、思わず「危ねーっ!」と絶叫した。

 直前の7回攻撃では、同様の打球を相手中堅手が見失ったことでボールが落ち、タイムリーとなっていた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請