【DeNA】今永昇太が術後4度目の登板で6回4安打1失点9Kと好投 1軍昇格へ順調調整

今永
今永

◆イースタン・リーグ 巨人―DeNA(5日、G球場)

 DeNAの今永昇太投手(27)が5日、イースタン・リーグの巨人戦(G球場)で先発。6回94球を投げて、4安打1失点、9奪三振の好投を見せた。

 今永は、2回まで無安打投球。最速148キロをマークし、2イニング連続で2者連続三振も奪った。3回は2死から坂本勇人捕手に初安打を浴びたが、本塁は踏ませなかった。3点リードの4回先頭・北村にソロを浴びて失点。それでも5、6回は走者を背負いながら追加点は与えなかった。

 昨年10月に左肩の手術を受けた左腕。3月31日のイースタン・巨人戦(平塚)で術後対外試合初登板し、少しずつ球数を増やしながらこの日が4度目の登板となった。4月28日の西武戦(横須賀)では7回100球を投げ、4安打2失点、9奪三振と好投。映像で投球を確認したという三浦大輔監督(47)は「しっかり投げられているなという印象」と話し、5月中に1軍に昇格することが濃厚であることを明言していた。

 1軍の先発投手は不調や故障で苦しい台所事情が続いている。平良、阪口が右肘の張りと違和感で戦線離脱。坂本は左肩に打球を受けて登録抹消となり、入江、上茶谷、京山も再調整を命じられた。1軍に目を向けても開幕からローテを守る大貫は4日の中日戦(バンテリンD)で3回8失点でKOされるなど、2戦連続序盤の大量失点で降板。浜口、ピープルズ、プロ未勝利の中川でやりくりしている。

 ◆今永の投球結果

(1)左邪飛、空三振、空三振

(2)四球、空三振、空三振

(3)左飛、中飛、左安、遊ゴロ

(4)左本〈1〉、投ゴロ、見三振、空三振

(5)三ゴロ、右二、見三振、空三振

(6)中二、四球、一併打、空三振

今永
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請