大谷翔平、24歳左腕の161・9キロの速球を体感 3打席すべて大飛球も10号アーチはお預けに

大谷(ロイター)
大谷(ロイター)

◆米大リーグ エンゼルス3―8レイズ(4日・アナハイム=エンゼルスタジアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が4日(同5日)のレイズ戦に「2番・DH」で先発出場。3打数ノーヒット、1四球で打率は2割6分4厘となった。

 レイズの先発左腕マクラナハンは24歳。最速162・9キロの速球を持っているが、大谷の第1打席の3球目は161・9キロの速球を投げ込みファウル。結局カウント1―2からの高めの160・8キロの速球を叩いたが、もう一つ伸びが足りず、左翼ウォーニングトラックで左翼手がつかんだ。第2打席は左中間へのフライ(中堅手がつかむ)、第3打席が左飛。第4打席は四球で出塁、ウォルシュの適時打で二塁から生還、得点1がついた。

 大谷は5日(同6日)のレイズ戦に今季4度目の先発マウンドに上がる。チームは3連敗で今季初めて借金2となっているだけに、大谷のピッチングに期待がかかる。

大谷(ロイター)
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請