新日本プロレス、2選手のコロナ陽性を発表…ともに軽症も治療に専念

 新日本プロレスは5日、同団体に参戦中の2選手が検査の結果、新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。

 この日、公式ホームページで「新日本プロレスでは毎日の体温管理、血中酸素飽和度の把握、定期的な検査等を行っており、今シリーズ開幕前にも、出場選手、スタッフ全員がPCR検査による事前スクリーニングをクリアしております」とした上で「5月4日福岡国際センター大会の午前中に、当該選手2名に発熱等があったため、新型コロナウイルス判定基準に従って検査したところ陽性となりました。それに伴い、2大会前からの濃厚接触者も欠場としました。現在、2選手とも軽症ではありますが、今後も保健所、医療機関等の指導の下、治療に専念してまいります」とした。

 その上で「濃厚接触者並びに他の選手・スタッフについても同様に指導に基づく適切な環境下における経過観察とともに必要に応じて検査等を順次行い、その結果についても随時お知らせして参ります」とし、「ファンの皆様、関係者の皆様には多大なるご迷惑とご心配をお掛けしてしまい、大変申し訳ございません。何卒、よろしくお願いいたします」と結んだ。

 同団体では、一部選手の発熱を受け、4日、福岡・福岡国際センターで開催の「レスリングどんたく2021」大会の試合開始前に大幅なカード変更を発表。この決定に伴い、6選手が欠場。この日の試合はメインイベントのIWGP世界ヘビー級選手権試合、王者・ウィル・オスプレイ(27)―鷹木信悟(38)戦始め5試合のみが行われた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請