菅野美穂「すごいことをしているのに褒められなくてつらいな!」子育て奮闘ぶりを明かす

フォトセッションで笑顔を見せる菅野美穂
フォトセッションで笑顔を見せる菅野美穂

 女優の菅野美穂(43)が5日、都内で行われた10年ぶりの主演映画「明日の食卓」(28日公開、瀬々敬久監督)の完成報告会に出席した。

 10歳の少年・石橋ユウが母親に殺された。同じ名前の息子を持つ3人の母親の日常を描き、誰が「石橋ユウ」を殺したのか、なぜ事件は起きたのか、真相に迫る物語だ。

 石橋ユウという息子を持つ1人の母親を演じた菅野にとって、11年公開の「ジーン・ワルツ」以来の主演映画。「もうそんなに。10個も年をとったんだ。その間に子供が生まれて。この映画のお話をいただいた時はコロナ禍前だったので、もしかしたら映画がなくなっちゃうかもと不安でしたが、緊急事態宣言中に子供と向き合ってからの撮影だったので、運命的なタイミングでした」と感慨深げだった。

 現場ではフェースシールドをして感染対策をした。この日のイベントも無観客で開催された。「こういうことは初めてですが、この年になって初めてなことは少ない。新鮮です」と困難な状況下でも前を向いた菅野。一方、スーパーで息子役の外川燎(12)にげんこつをするシーンを反省しているといい「8時半までに機材を撤収しないといけないのに、うまくいかなかった。これが最後だと思って臨んだ時に、それまでフリだったのに(子役に)ゲンコツが入っちゃって、目がうるうるしていた。悪かったな」と振り返った。

 プライベートでは長男(5)、長女(2)の2児のママである菅野。「子どもを育むことが大変。生まれたんだからお母さん、お父さんになるのは当たり前のように思われている。こんなすごいことをしているのに褒められなくてつらいな!」と率直な思いを吐露した。

 おとといも育児で大変な思いをしたという。「ダイニングテーブルが接着剤でいっぱいになった。涙目になりながら、掃除が大変なんですよね。手が届くところにおいた私が悪いのと、私は世界で一番不幸って思った」と苦笑いで奮闘ぶりを明かした。

フォトセッションで笑顔を見せる菅野美穂
すべての写真を見る 1枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請