玉川徹氏、医療崩壊危機・大阪府の取り組みに「コロナをきっかけに日本の医療が大きく変わるかも」

東京・六本木のテレビ朝日
東京・六本木のテレビ朝日

 5日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)では、新型コロナウイルスの感染再拡大の中、医療崩壊が危惧される大阪府で自宅療養中に17人が死亡。30代の患者も含まれていた件を取り上げた。

 大阪府が自宅などに駆けつける「ファストドクター」と連携し、自宅療養者の緊急往診体制を整備するなどの試みをスタートさせたことについて、コメンテーターで出演の同局・玉川徹氏(58)は「コロナをきっかけに日本の医療が大きく変わるかも知れない。まさにこういうようなところを充実させていくということが結局、患者ファーストを考えた時に来ていただいて(診察を)やっていただくということが患者にとって、すごくありがたいことで」と、まずコメント。

 「今回は病院がいっぱいということでファストドクターが受けるという形になってますが、いろいろなことが変わっていくと思いました。どんどん増えて言ってほしいと思います」と続けた。

東京・六本木のテレビ朝日
すべての写真を見る 1枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請