大谷翔平、6日に先発登板とマドン監督が明言…4日も「2番・DH」で出場へ

大谷翔平(ロイター)
大谷翔平(ロイター)

◆米大リーグ 米大リーグ エンゼルス―レイズ(4日・アナハイム=エンゼルスタジアム)

 エンゼルスのマドン監督が4日(日本時間5日)、右肘に死球を受けて先発予定がずれこんでいた大谷翔平投手(26)が5日(同6日)のレイズ戦に先発するとオンライン会見で明らかにした。

 会見次の通り。

 ―今日の大谷の様子は?

 「いいよ。明日、投げる。ヒーニーはその翌日になる」

 ―投げるにあたって限定は?

 「ないよ。今日の気分はよいようだ。彼と話したところ、彼自身が明日投げたいと言っているし、大丈夫なようなので」

 ―明日は投げて打つのか?

 「その予定だが、最終的な決定は今日の試合後だ。」

 ―今日は打つのか(ラインナップに入るのか)?

 「ああ、入る。」(大谷は2番DHで出場予定。)

 大谷は2日のマリナーズ戦、初回1死走者なしの第1打席で、マリナーズ先発左腕のJ・シェフィールド投手がカウント1―2から投げた93・4マイル(約150キロ)の直球が右肘付近を直撃し、先発予定だった3日の先発予定を回避していた。

 大谷は今季3試合に登板し1勝0敗、防御率3・29。ちなみにレイズの筒香嘉智外野手との日本時代の対戦は3打数1安打だった。

大谷翔平(ロイター)
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請