【阪神】今季初の引き分け 矢野監督、けん制死の佐藤輝明を責めず「輝は経験にして」…試合後一問一答

7回2死二塁、けん制で刺された佐藤輝明
7回2死二塁、けん制で刺された佐藤輝明

◆JERAセ・リーグ ヤクルト2―2阪神(5日・神宮)

 阪神が今季初の引き分けで2位・巨人とのゲーム差は3に縮まった。3回にマルテの2点適時打で先制したが、1点リードの8回に岩崎が青木に適時内野安打を許した。

 ヤクルト戦の開幕6連勝はお預け。4回の守備から途中交代した大山は背中の張りで登録抹消が決まった。試合後の矢野監督の一問一答は以下の通り。

 ―青柳が持ち味を出して打たせて取った。投球を見て

 「風もね。強かったんで。そういうところでは丁寧に、丁寧に投げて。最少失点やったし。今日こういう結果になったのは、ヤギ(青柳)のピッチングがしっかりしたものだったからだと思います」

 ―打線も3回2死からつながって得点を奪えた

 「ツーアウトからいい形が作れているので。そういうところでは相手に与えるダメージもあったし。今日(ヤクルト先発の)奥川もけっこう良かったんでね。少ないチャンスをものにできたかなと思います」

 ―マルテが好調を維持して得点に絡んでいる

 「それはもうずっと評価しているよ。四球も選んで、つないで、かえして。申し分ないです」

 ―大山の状態は

 「背中の張りで抹消する」

 ―今後の見通しは

 「抹消するんやから、そりゃあちょっとは時間かかるやろ。ただそれはもっと悪くならないための抹消やから」

 ―7回2死での二塁走者・佐藤輝のけん制死が痛かった

 「流れの中であそこでアウトになるというのは良くないし。ただ、相手もすごくうまかったし。気を抜いたということでもないんでね。そういうこともあるっていう。いろいろどのピッチャーがどれぐらいのことをしてくるのか、球団によってもそういう傾向は出てくると思うし。痛いアウトにはなったんでね、逆に今日引き分けでよく終われたなっていう部分もあるし。輝自身はそういうものを経験にして、次からどうするかっていうことの方が大事なので。仕方がないかなと思ってます」

 ―大山抹消で今後の三塁起用は佐藤輝が中心になるのか

 「まあ、これから考える」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請