キプコエチが男子ハーフV アシックスの新作・メタスピードスカイで自己新「非常にいいレース」

東京五輪テスト大会となる「札幌チャレンジハーフマラソン」の男子で優勝したヒラリー・キプコエチ(代表撮影)
東京五輪テスト大会となる「札幌チャレンジハーフマラソン」の男子で優勝したヒラリー・キプコエチ(代表撮影)

◆陸上 札幌マラソンフェスティバル・ハーフマラソン(5日、大通り公園西四丁目スタート、東京五輪マラソン中間地点ゴール)

 男子ハーフマラソンはヒラリー・キプコエチ(ケニア)が1時間0分46秒の自己新記録で制し、「準備は比較的良好にできた。風が強く、コースも難しいと言われていたが、自分なりにいいレース。最後は独走になったが、非常にいいレースができたと思う」と笑顔を見せた。

 昨年12月からスポーツ用品大手のアシックス社と契約するアスリート。この日も4月に発売された厚底シューズ「メタスピードスカイ」を使用。10キロの部でも同様のシューズを着用した早大の辻文哉(2年)と伊藤大志(1年)が30分8秒(着差あり)でワンツー。今年の箱根駅伝ではシューズシェア0%と苦しんだが、すでに逆襲が始まっている。

東京五輪テスト大会となる「札幌チャレンジハーフマラソン」の男子で優勝したヒラリー・キプコエチ(代表撮影)
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請