【広島】6連敗の佐々岡監督「きょうは独り言を言って終わりだ」

貧打を嘆いた佐々岡監督
貧打を嘆いた佐々岡監督

◆JERAセ・リーグ 広島0―4巨人(5日・マツダ)

 広島・佐々岡真司監督の試合後の取材は“独白”だった。

 「きょうは独り言を言って終わりだ」。こう切り出して「打線や。この3試合打てなかったから勝てない。つながりもない」とぼやいた。

 初回無死一塁で羽月がバント失敗(捕ゴロ)、鈴木誠が中途半端な打撃で遊ゴロ併殺打。6回も1死一塁で羽月が二盗を決めたが、鈴木誠が右飛、今季初4番の松山が捕ゴロに倒れた。散発7安打で今季6度目の無得点(5敗1分け)。この巨人3連戦は計3得点で2敗1分けに終わった。

 4月28日から続く連敗は6に伸び、就任2年目でのワーストを更新。「3連休で、地元で、たくさん(ファンに)来てもらって、こういうゲームをしていたらダメだ。きょうはこどもの日で子供も来ているのに申し訳ない試合で…」と沈痛な表情でわびた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請