【阪神】大山悠輔、背中の張りで登録抹消へ 矢野監督「もっと悪くならないための抹消」

登録を抹消されることになった大山
登録を抹消されることになった大山

◆JERAセ・リーグ ヤクルト2―2阪神(5日・神宮)

 阪神・大山悠輔内野手(26)が出場選手登録を抹消されることになった。

 大山は2回の守備でオスナの三塁線の打球を逆シングルで捕球し、一塁にツーバウンド送球。これが右翼方向に大きくそれ、2試合連続の失策を記録。打撃でも2回先頭で遊ゴロ、3回2死一、三塁で二飛に倒れ、4回の守備から交代した。

 矢野監督は「背中の張りで抹消する。(見通しは)抹消するんだから、そらちょっと時間はかかる。ただそれはもっと悪くならないための抹消」と説明した。

 ここまで4番として31試合に出場、打率2割9分1厘、5本塁打、24打点をマークしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請