横浜FMが3勝2分けで1次L突破 レオセアラの先制点アシスト天野純「速いボールを出せば決めてくれるかな」

横浜FM
横浜FM

◆YBCルヴァン杯 ▽第5節 ▽1次リーグ 横浜FM1―1広島(5日・Eスタ)

 横浜FMは敵地で広島と対戦し、1―1で引き分け、3勝2分けで1次リーグ突破が確定した。先月20日に合流した新ブラジル人FWレオセアラが初の先発出場で今季公式戦2得点目。試合終了間際に失点し、勝利はつかめなかったが、公式戦では15試合無敗と無敗記録の数字も伸ばした。

 高い打点でネットを揺らした。前半28分、MF天野純の鋭い右クロスにニアサイドで頭を合わせて今季2ゴール目。「難しい試合の中で決められたのは良かった。ヘディングしやすいゴールだった」と本人も一番得意だと胸を張る形での貴重な先制点。天野も「練習でも身体能力の高さを見せてたし、ヘディングが強いと個人的に感じてた。延長線上に速いボールを出せば決めてくれるかなと思って入れた」と、新たな仲間の特徴をつかんでのアシストだった。

 前半は思うようにゲームを支配することができなかったが、後半に入ってポジショニングなどを修正。追加点を奪うことはできなかったが、途中出場したFW前田大然らも決定機を迎えるチャンスをつくった。ポステコグルー監督は「後半のほうがやろうとしてることは出せた。全体的には悪くなかった内容」と総括。レオセアラについても「ゴールもだけど、キープができる部分は脅威になると思ってる。今日は初のスタメンだったが、ここからもっと上げてくれると思う」とさらなる期待を込めた。

 終盤の失点でドローに終わったが、天野は「悲観する内容ではない。リーグ戦も含めて負けなしで良い状態でこられてる。ポジティブに捉えていきたい」としっかり次戦を見据えた。

横浜FM
すべての写真を見る 1枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請