【ソフトバンク】工藤公康監督バースデーの無敗記録は継続 上林誠知が楽天・松井の150セーブを阻止

5回無死二塁から2ランを放った上林誠知
5回無死二塁から2ランを放った上林誠知

◆パ・リーグ ソフトバンク5―5楽天(5日・福岡ペイペイドーム)

 ソフトバンクが驚異の粘りで楽天・松井の150セーブを阻止。同点に持ち込み、工藤公康監督(58)の誕生日無敗記録を継続した。「ひとりで4打点。絶体絶命で良く打ってくれた」と指揮官も喜んだ。

 2四球でもらった9回2死一、二塁のチャンスで、上林誠知外野手(25)が同学年左腕のスライダーを左前に同点打を運んだ。開幕を2軍で迎え、3日にデスパイネに代わり昇格。この試合が今季初スタメンだったが、4点差の3回に中越えの適時二塁打。5回には右越えテラスへ1号2ランと反撃ののろしを上げた。「今日は自分にとっての開幕戦。印象づけられるように、集中していた」。悔しさをバネに、3安打1本塁打4打点の大暴れだった。

 この日は指揮官の58度目のバースデー。「誕生日うんぬんはいいんですけど」と照れ笑いの指揮官に、白星をプレゼントすることはできなかったが、4点ビハインドから同点に持ち込んだ。15年の監督就任後、誕生日のゲームは5勝1分けとなった。

5回無死二塁から2ランを放った上林誠知
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請