【オリックス】山本由伸「悔しい」自己最悪10被安打で6回1/3を5失点

7回途中5失点で降板した山本由伸
7回途中5失点で降板した山本由伸

◆パ・リーグ 西武―オリックス(5日・メットライフドーム)

 オリックスの山本由伸投手(22)が、6回1/3を5失点(自責は4)でマウンドを降りた。6奪三振2四球だった。

 初回先頭の若林に二塁打されると、2死一、三塁としてから栗山に先制打を許した。2回は1死一、二塁のピンチを併殺で切り抜けたが、3回先頭・源田の二塁打から1死三塁とされて中村に適時打を浴びた。5回にも1失点すると、7回1死一塁から源田に適時三塁打されたところで降板。球数は120球だった。

 代わったK―鈴木が森に2ランを被弾して結局、自己ワーストにあと1と迫る5失点。3者凡退は6回のみで、被安打10は自己ワーストとなった。ハーラートップに並ぶ4勝目はならず、山本は「立ち上がりから、常にランナーを背負いながらの苦しいピッチングになってしまいました。ここ最近、チームの流れもよかったですし、なんとか粘って抑えたかったのですが、粘り切ることができず悔しいです」とコメントした。

7回途中5失点で降板した山本由伸
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請