新三役を狙う明生、夏場所に向けて手応え「順調だと思います」

夏場所に向けて稽古をする平幕・明生
夏場所に向けて稽古をする平幕・明生

 大相撲の東前頭2枚目・明生(25)=立浪=は5日、夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)に向けて茨城・つくばみらい市の部屋で稽古し、基礎運動を中心に軽く汗を流した。前日までは平幕・豊昇龍、天空海と連日20番ほど相撲を取っており、「良い感じに調整しています。いつも通りに。順調だと思います」と手応えを口にした。

 11年技量審査場所で初土俵を踏み、夏場所から11年目がスタートした。中卒で角界入りした明生。同期生には大関・照ノ富士(伊勢ケ浜)、平幕・千代大龍(九重)ら実力者がそろい、「学生の人たちに負けたくないなとずっと思ってましたね」と当時を振り返る。

 新弟子時代の相撲教習所では、本来は経験の浅い力士が集うB土俵に行くべきだったが、「勝手に行ってました」と実力者が集うA土俵に紛れ込んで稽古。「吹っ飛ばされていましたね。学生ばっかりでしたね。何か負けたくなかったので行ったんですけど、全然相手になっていなかったと思います」と懐かしんだ。

 春場所は前頭3枚目で10勝。自身初の三賞となる敢闘賞も獲得し、目標とする新三役に大きな弾みを付けた。入門から丸10年で新三役は目前。「まずは三役に上がりたい気持ちを強く持っていますね。入門した時からずっと横綱になりたくて入ってきたのがあるので、簡単なことではないが、ずっと思って10年経ったのだなと」と語った。

 自己最高位で挑む今場所に向け、期待がかかる25歳は「上位なので厳しい戦いになると思う。しっかり勝ち越せるように強い気持ちで土俵に上がりたいですね」と力強く意気込んだ。

夏場所に向けて稽古をする平幕・明生
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請