競泳の東京五輪代表・武良竜也が新型コロナ陽性…一時40度の高熱も

競泳東京五輪代表・武良竜也
競泳東京五輪代表・武良竜也

 競泳の東京五輪代表・武良竜也(24)が新型コロナウイルス感染の陽性反応したと、所属のミキハウスが5日に発表した。

 武良は4月29日の練習後、37・0度の微熱と倦怠感を覚え、30日には熱が39・0度まで上がり、喉の痛みなども訴え、自宅療養に入った。1日には40・0度まで熱が上昇し、PCR検査の結果、3日に陽性判定が出たという。この日までに熱は下がり、体調は回復したが、引き続き自宅で静養している。

 ミキハウスは「直近2週間の行動履歴を確認しても、練習以外の不要な外出は控えていた」とし、感染経路は不明だが、今後の活動再開は未定としている。なお、武良の周辺には体調不良を訴えている選手などはいない。

 武良は4月の日本選手権の200メートル平泳ぎで2分7秒58の自己ベストで2位に入り、初の五輪代表を決めていた。本番まで残り3か月を切っているだけに、調整への影響が心配される。

競泳東京五輪代表・武良竜也
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請