「キプチョゲはベスト尽くせば自己記録出る」 マラソンテスト大会優勝者が予想

男子ハーフマラソンを制したキプコエチ
男子ハーフマラソンを制したキプコエチ

◆陸上 札幌マラソンフェスティバル・ハーフマラソン(5日、大通り公園西四丁目スタート、東京五輪マラソン中間地点ゴール)

 男子ハーフマラソンはヒラリー・キプコエチ(ケニア)が1時間0分46秒の自己新記録で制し、「準備は比較的良好にできた。風が強く、コースも難しいと言われていたが、自分なりにいいレース。最後は独走になったが、非常にいいレースができたと思う」と笑顔を見せた。

 ケニア代表ではないが、強さを見せたキプコエチ。同国の英雄で、世界記録保持者のエリウド・キプチョゲについては「キプチョゲはケニアでも伝説のような選手。五輪でもベスト尽くすと思う。その時は自己ベストが出るのではないかと思う。エチオピアなどにも素晴らしい選手いるので分からないが、キプチョゲがベスト尽くせば、非常にいいタイムが出る」と世界新に太鼓判を押した。

男子ハーフマラソンを制したキプコエチ
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請