前週Vの上田桃子がメジャー初制覇へ「一歩ずつ近付いてきている」

15番、ティーショットを放つ上田桃子
15番、ティーショットを放つ上田桃子

◆日本女子プロゴルフツアー メジャー初戦 ワールドレディスサロンパスカップ 公式練習日(5日、茨城・茨城GC東C=6630ヤード、パー72)

 前週のパナソニックオープンで約2年ぶりに優勝し、初のメジャー制覇を目指す上田桃子(34)=ZOZO=が練習ラウンドを終え、公式会見に臨んだ。

 前週は大里桃子(22)=伊藤園=との“桃子対決”となったプレーオフを2ホール目で制し、ツアー16勝目を挙げた。「正直うれしいより、ほっとしている。(ショットの)打点もよくて、イメージと近いショットが打てた」と安どの表情で振り返った。

 4日から9ホールずつ回った練習ラウンドでも好調を維持。「調子がいいと振りすぎて悪くなる」と、力を調整しながら感覚を確かめた。「(コーチが)ギアを下げてくれている。よくなりすぎずにキープできている」とうなずいた。国内メジャーではいまだ勝利のない上田は、今大会が46回目の挑戦となる。前週からの勢いそのままに、「本当に勝ちたいと思うし、一歩ずつ近付いてきている」と言葉に力を込めた。今大会は2年前と比べ、全長が70ヤード長くなり「ロングホールも例年より伸びて、2オンしないホールもある」と印象を語った。

 これまでの経験値と、悲願のメジャー初制覇に懸ける思いを胸に「2ケタ(アンダー)にいくことが大事。風が吹かなければ、アグレッシブに攻めないといけない。決断力が問われる4日間になる」と目標を定めた。

15番、ティーショットを放つ上田桃子
すべての写真を見る 1枚

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請