【巨人】戸郷翔征「ボールがめっちゃ良かった」イースタンで3回5奪三振

3回を5安打2失点で降板した戸郷翔征
3回を5安打2失点で降板した戸郷翔征

◆イースタン・リーグ 巨人6―2DeNA(4日・G球場)

 巨人の戸郷翔征投手(21)が4日、イースタン・DeNA戦(G球場)に先発した。3回を投げ5安打2失点。5三振を奪い「今日はボールがめっちゃ良かった。久々にこの感覚で投げられた。いい感覚で投げられたのが一番かなと思います」とうなずいた。

 初回は1死一、三塁のピンチを背負ったが、細川を二飛、中井は外角低めの直球でズバッと見逃し三振に斬った。2回は1死満塁からタイムリーと押し出し四球を与え2点を失うも、3回はピシャリと3者凡退とした。

 リフレッシュも兼ねて一度、登録抹消となった右腕は「(宮本コーチから)球威を取り戻そうと。その中でいっぱい真っすぐを試したかった」。この日の最速は球場表示で151キロをマークし「いい調整ができたのかなと。早く(1軍の)試合で投げたいと思いました」と前を見据えた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請