鷹木信悟、44分53秒の激闘の末、オスプレイに敗れ「悔しいが完敗だよ。言い訳はできねえ」

場外に置いた長机にメイド・イン・ジャパンでウィル・オスプレイをたたきつけ、あと一歩まで追い込んだ鷹木信悟(新日本プロレス提供)
場外に置いた長机にメイド・イン・ジャパンでウィル・オスプレイをたたきつけ、あと一歩まで追い込んだ鷹木信悟(新日本プロレス提供)

◆新日本プロレス「レスリングどんたく2021」大会 ▽IWGP世界ヘビー級選手権試合60分1本勝負 〇ウィル・オスプレイ(44分53秒 ストームブレイカー→片エビ固め)鷹木信悟●(4日、福岡・福岡国際センター、観衆2367人)

 メインイベントのIWGP世界ヘビー級選手権試合で鷹木信悟(38)がウィル・オスプレイ(27)に敗れ、最高峰のベルト初戴冠を逃した。

 2019年のベスト・オブ・スーパージュニア決勝以来、過去3回のシングル対決で1勝2敗と負け越し、3月のニュージャパンカップ決勝でも惜敗しているオスプレイ相手に序盤から全力ファイトを見せた鷹木。

 豪快なラリアットで場外にたたき落とすと、場外乱闘に発展。鉄柵、エプロンと共に相手の体を叩きつけ合った両雄。中盤にはオスプレイを場外にセットした長机にメイド・イン・ジャパンで叩きつけ、グロッギー状態としたが、場外カウント19でリング復帰されてしまった。

 それでも、「来た! 来た! 来たー!」と絶叫。鷹木式GTR、掟破りのオスカッター、パンピングボンバーと畳みかけたが、最後は元兄貴分・オカダ・カズチカ(33)の必殺技・レインメーカーまで使ったオスプレイの勝利への執念の前に正面からのヒドゥン・ブレイド、ストームブレイカーと攻め立てられ、無念の3カウントを聞いた。

 レスラーデビュー17年目にして新日最高峰のベルトに挑み、敗れ去った「ザ・ドラゴン」は辻陽太(27)の肩を借りてバックステージに引き上げてくると、両手と両ひざをついてがっくり。

 勝者・オスプレイのマイクパフォーマンスの声が聞こえてくると、辻に「オスプレイがしゃべっているのか…終わったんだな? 辻、同じこと聞いて悪いな。負けたのか?」と質問。辻が「はい」と答えると、「情けねえよ…。途中から覚えてねえよ…。はあ…」とため息をついた。

 さらに「ああ、悔しいな。悔しい…。(最後に)何でやられたか、マジで覚えてねえ。ダメだったか…。俺が『(オスプレイの)首を獲ってやる』って言って、俺が記憶を飛ばされているんじゃ…。逆に介錯されちゃったな。悔しいが完敗だよ。今日は完敗だ。言い訳はできねえ。だが、だけどな。俺はまだ生きているぞ。魂の炎は、まだ尽きてねえからな!」と叫んで引き上げて行った。

場外に置いた長机にメイド・イン・ジャパンでウィル・オスプレイをたたきつけ、あと一歩まで追い込んだ鷹木信悟(新日本プロレス提供)
すべての写真を見る 1枚

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請