【広島】栗林良吏、プロ野球新記録を生んだ宝刀フォーク「打たれて後悔したくない」デビュー14戦連続無失点

9回に登板した栗林は14試合連続無失点のプロ野球記録を更新した
9回に登板した栗林は14試合連続無失点のプロ野球記録を更新した
栗林(広島)の今季投手成績.
栗林(広島)の今季投手成績.

◆JERAセ・リーグ 広島1―1巨人(4日・マツダスタジアム)

 心は揺れなかった。金字塔を打ち立てても、栗林はチームを最優先にした。「勝ててないので、うれしさというのはあまりないです」。2リーグ制後の新人ではプロ野球新記録となるデビューから14試合連続無失点。「どこに行ったのかも分からない」と記念球にも無関心だった。

 宝刀の力を信じた。3日のビハインドに続き、この日は同点での出番。9回1死から梶谷に左翼線二塁打を許した。開幕から対戦45人目で初の長打。坂本を三ゴロに打ち取ると、2死二塁から気持ちを入れ直した。「打たれて後悔したくない。自分の考えを優先してもらった」。丸に対し、2ボール2ストライク。サインに首を振り、決め球のフォークで空振り三振に仕留めた。

 「全くね、大したもんというか…。この記録をずっと続けてくれればね」。連敗は5で止まらなかったが、佐々岡監督も称賛。プロ1年目の90年に13勝17セーブと先発&抑えでフル回転した“先人”は「本当に、気持ちの強いものを持っている」とうなずいた。

9回の1イニングを無失点に抑え、石原とタッチする栗林(カメラ・橋口 真)
9回の1イニングを無失点に抑え、石原とタッチする栗林(カメラ・橋口 真)

 名城大で愛知大学リーグ通算32勝を挙げながら、上位候補とされた18年のドラフトは指名漏れ。トヨタ自動車で努力を重ねた。「もっと良くなる。カーブを磨いた方がいい」と助言をしてくれたのが、DeNAやソフトバンクでプレーした細山田捕手。持ち球としていたスライダーを捨て、フォークを代名詞にするのもこの時期からだった。「ここから1試合1試合、自分の中で区切りをつけてやっていかないといけない」。絶対的守護神へ道半ば。しびれる場面で仕事を続ける。(長田 亨)

試合詳細
9回に登板した栗林は14試合連続無失点のプロ野球記録を更新した
栗林(広島)の今季投手成績.
9回の1イニングを無失点に抑え、石原とタッチする栗林(カメラ・橋口 真)
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請