【ヤクルト】3失策絡み11失点で今季阪神戦6戦全敗 高津臣吾監督は投手陣に「攻めて」

高津臣吾監督
高津臣吾監督

◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト5―11阪神(4日・神宮)

 移籍後神宮初先発を目指した先発の田口は6回8安打4失点と粘ったが、救援登板した近藤、坂本、杉山が合計7失点。5月は白星なしの3連敗となった。

 阪神戦は今季6戦全敗で、今季デーゲームも0勝8敗2分けという惨状。高津監督は炎上した投手陣に対して「逃げ回ってすぐにつかまる状況。しっかりと攻めて、自分のベストピッチをしてほしい。もっと攻める気持ちを持ってほしい」と苦言を呈した。

 3試合連続複数失策となる3失策と、最近は守備のほころびも目立つ。高津監督は「気持ちの入っていないプレーをしているわけではない。また取り返す気持ちでやってほしい」と選手の意地に期待を寄せた。連敗ストップのかかる5日の阪神戦(神宮)には2年目右腕の奥川が先発する。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請