【巨人】鉄壁の守備で今季5度目の引き分け 原監督「本当に粘り強くね」

4回1死一、二塁、炭谷銀仁朗の中前適時打で生還したウィーラー(左)を迎える原辰徳監督(中)
4回1死一、二塁、炭谷銀仁朗の中前適時打で生還したウィーラー(左)を迎える原辰徳監督(中)

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島1―1巨人(4日・マツダスタジアム)

 引き締まった投手戦で引き分けとなった。

 1―1の同点で迎えた7回1死一塁の守備では、岡本が代打・正随の三遊間を抜けそうなゴロをダイビングキャッチで一塁をアウトにするファインプレー。同学年の高橋を好守備で救った。

 広島も右翼手・鈴木誠が岡本の大飛球を好捕するなど、両チーム好守備で引き締まった試合に。原監督は「本当に粘り強くね、ピッチャーの人、頑張ったと思いますね。両軍ともここ、というところはね」と話した。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請