【高校野球】小松大谷が決勝進出 幼なじみコンビが大活躍「助かりました」

8回に左越え3ランを放った小松大谷の吉田佑
8回に左越え3ランを放った小松大谷の吉田佑

◆春季高校野球 石川県大会 ▽準決勝 小松大谷6―4金沢(4日、石川県立)

 準決勝2試合が行われ、小松大谷が6―4で金沢に逆転勝ちを果たした。守備のミスも響き、先発のエース右腕、北方慈也(いつや、3年)が2安打で4失点したが、幼なじみの7番・吉田佑久(たすく)右翼手(3年)が8回2死一、二塁で左越え3ランを放って援護した。北方は「要所でしっかりとプレーしてくれる。助かりました」と感謝した。

 中学時代はともに小松ボーイズでプレー。エース兼4番の北方、投手兼外野手の5番・吉田佑と、チームの主軸として活躍し、中日本大会準優勝を果たした。練習では400メートルのタイム走や連続ノック、ほふく前進で砂山を上るなど、厳しい内容で心身共に成長。「練習はきつかったけど、根性がつきました」と吉田佑。高校でも一緒に甲子園に行きたいと、地元の強豪校に進学した。

 決勝の相手は、昨秋の準決勝で4―2で勝利した日本航空石川だ。「目標は優勝。投げる機会があったら、低めにていねいに投げたい」と吉田佑。幼なじみの2人がチームを頂点に導く。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請