【DeNA】大貫晋一大乱調で4連勝ならず…根尾昂にプロ1号満弾被弾で3回8失点「申し訳ないです」

1回2死二、三塁、阿部に右前2点適時打を許した投手・大貫晋一
1回2死二、三塁、阿部に右前2点適時打を許した投手・大貫晋一

◆JERAセ・リーグ公式戦 中日―DeNA(4日・バンテリンドームナゴヤ)

 3連勝中だったDeNAは先発の大貫晋一投手(27)が誤算で、4連勝を逃した。

 試合の流れを失ったのは初回だった。先頭の桑原が左前安打で出塁。続く大和が送りバントを試みるも、2球連続ファウルで、3球目をバスターも遊併打に倒れて先取点を逃した。直後の1回裏に大貫は先頭の大島に左前安打を浴び、続く京田の投犠打で1死二塁。ヒットと四球で1死満塁のピンチを背負うと、高橋周に中堅フェンス直撃の2点適時二塁打、阿部に右前2点適時打を浴びていきなり4点を失った。

 だが、今季初の3連勝中とチーム状態がいいDeNAはすぐに反撃に転じた。2回表に牧の柵越えまでもう少しかという中堅フェンス直撃の二塁打などで1死一、二塁の好機を作ると、ソトが大野雄から左翼へ3号3ラン。1点差に迫る一打に助っ人は「チョースゴイ!! ストライクゾーンに来たら自分のスイングをしようと思っていました。良い感触で打つことが出来ました」と興奮気味だった。

 流れを呼び戻したかに思われたが、大貫は踏ん張りきれなかった。2回こそ無失点で切り抜けたが、1点ビハインドの3回に、2本のヒットと四球で1死満塁。打順は8、9番だったが、根尾にプロ1号となる満塁本塁打を浴びて点差を5点に広げられた。前回登板の4月27日広島戦で3回途中、ここワースト7失点で降板した右腕が、この試合も3回8安打8失点で降板。2試合連続序盤でのKOに右腕は「立ち上がりは特に慎重になりすぎてしまい、窮屈な投球になってしまいました。このような投球をしてしまいチームに申し訳ないです」と頭を下げた。

 5点を追う6回には佐野が2試合連続アーチとなる4号ソロ。11試合連続安打、22試合連続出塁と好調を維持する主将は意地の一発を「自分のスイングをしようと集中して打席に入りました。良い形で捉えることが出来て良かったです」と振り返った。

 4回以降は救援陣が踏ん張った。4回を伊勢、5、6回を国吉、7回をシャッケルフォード、8回を三上が無失点で抑えたが、3回までの8失点が大きくのしかかって4連勝とはならなかった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請