【巨人】先発の高橋優貴は7回1失点 沢村栄治に並ぶ6戦6勝ならず

3回2死満塁、鈴木誠也を空振り三振にした高橋優貴
3回2死満塁、鈴木誠也を空振り三振にした高橋優貴

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島―巨人(4日・マツダ)

 巨人の高橋優貴投手(24)が中5日で先発し、7回1失点と好投した。

 序盤からテンポよく投げこんだ。0―0の3回2死満塁では鈴木誠を空振り三振に打ち取った。1点リードの5回に先頭のクロンに右中間への二塁打で出塁を許すと、小園の二ゴロで1死三塁。床田の犠飛で同点に追いつかれた。その後の菊池涼、堂林に連打を許し一、三塁とピンチは続いたが再び鈴木誠を中飛に抑え、勝ち越しは許さなかった。結果は7回108球5安打1失点。白星はお預けとなった。

 高橋は開幕から試合前まで5戦5勝で、6戦6勝となれば2009年のゴンザレス以来で、日本人では1936年秋の沢村栄治以来、85年ぶりの快挙だった。

試合詳細
3回2死満塁、鈴木誠也を空振り三振にした高橋優貴
すべての写真を見る 1枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請