【巨人】2軍がDeNAに快勝 2番手の平内龍太が6回2安打8奪三振無失点の好投 保科広一がV打

巨人2番手で登板する平内龍太
巨人2番手で登板する平内龍太

◆イースタン・リーグ 巨人6―2DeNA(4日・G球場)

 巨人2軍はDeNAと対戦し、6―2で勝利を収めた。

 先発はファーム合流後初登板となった戸郷。立ち上がりは先頭の関根に二塁打を許すなど2本のヒットで1死一、三塁とピンチを背負ったが、細川を二飛、中井は見逃し三振に打ち取った。続く2回は連打と犠打野選で無死満塁とされると、1死から関根に中前適時打、続く宮本には押し出し四球を与えこの回2失点。それでも3回は2三振を含む3者凡退に抑え、3回5安打5奪三振2失点でマウンドを降りた。

 打線は初回。平間の押し出し四球で先制すると、1点ビハインドの4回2死二塁では相手の失策で同点とした。6回無死一、三塁では育成ルーキーの保科が元巨人の宮国から勝ち越しの右前適時打。なお無死一、三塁で山瀬の遊ゴロの間にもう1点を加え、8回にも2点を加えた。

 4回から登板した2番手・平内はDeNA打線を圧倒。7~9回は一人の走者も許さず、6イニングを投げ2安打無失点8奪三振で今季2勝目を挙げた。

巨人2番手で登板する平内龍太
すべての写真を見る 1枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請