【巨人】保科広一が元巨人の宮国から勝ち越しの右前適時打「アグレッシブにいきました」2軍DeNA戦

勝ち越し打を放つ保科広一
勝ち越し打を放つ保科広一

◆イースタン・リーグ 巨人―DeNA(4日・G球場)

 巨人の育成11位ルーキー・保科広一外野手(22)が同点の6回無死一、三塁から勝ち越しの右前適時打を放った。

 元巨人の宮国から放った一打に「打ったのはチェンジアップです。チャンスだったので積極的にアグレッシブにいきました。勝ち越せて良かったです」とコメントした。

勝ち越し打を放つ保科広一
すべての写真を見る 1枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請