永野芽郁、公開前に早くも続編希望「大人が誰も言ってくれない。圧をかけておこうかと(笑い)」

映画「地獄の花園」のタイトルにちなみ花園神社で熊手を手に大ヒット祈願をする菜々緒(左)と、永野芽郁
映画「地獄の花園」のタイトルにちなみ花園神社で熊手を手に大ヒット祈願をする菜々緒(左)と、永野芽郁

 女優の永野芽郁(21)、菜々緒(32)が4日、東京・花園神社で映画「地獄の花園」(21日公開、関和亮監督)の大ヒット祈願を行った。

 主演の永野は「大ヒットできますようにと、お願いしたんですが、(緊急事態宣言下で)全ての劇場が開いているわけではない。全国の劇場が無事に開いて、『地獄の花園』が(全国で)笑ってもらえるような作品になってほしい」。個々の願いごととして「続編」を希望。「個人的な願いが強めです。大人が誰も言ってくれないので、ここで圧をかけておこうかと(笑い)」とちゃめっ気たっぷりに話した。

 公開前の続編希望となったが、共演者の間でもかなり手応えを感じているという。「大人の人がどう動いてくれるか楽しみですね!」と期待を寄せていた。

 同映画はバカリズムのオリジナル脚本。平穏な生活を望む普通のOL(永野)の会社に、カリスマヤンキーOL(広瀬アリス)が中途採用。全国のOLの標的にされ、抗争に発展する―。

 永野は「あれだけの暴言を吐いて、人を投げ飛ばしたり、蹴り飛ばしたりするのは、この作品でしか見られないと思う。大きな声を出すのが苦手で、本当に嫌だった。監督にも『無理、無理、無理、無理』と言っていました」と告白。「今までと違う自分の姿を見せることができたと思う。1人の女性の生き様を、全編を通して注目してほしい」と呼びかけた。

映画「地獄の花園」のタイトルにちなみ花園神社で熊手を手に大ヒット祈願をする菜々緒(左)と、永野芽郁
すべての写真を見る 1枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請