前田健太、5回1/3を無失点で、2勝目 2度のピンチに三振斬りで吠えるなど2安打8Kの快投

前田健太(ロイター)
前田健太(ロイター)

◆米大リーグ ツインズ6―5レンジャーズ(3日・ミネアポリス=ターゲット・フィールド)

 ツインズの前田健太投手(33)が3日(日本時間4日)、本拠でレンジャーズ戦に先発し、5回1/3を投げ2安打無失点で今季2勝目(2敗)を挙げた。前田は8奪三振、2四球で防御率は5・34となった。

 過去2試合続けて被本塁打3本でKOされていた。前回2敗目を喫し、「今は我慢の時。なかなか乗り切れていけないが、粘り強くやっていくしかない。我慢強くやっていけば、結果につながると思う」と語っていたが、この日は有言実行のピッチングだった。

 直球が走りスプリットが有効だった。2回、3回と2イニング連続2死二、三塁のピンチを招くも2回は8番カルバーソン、3回が4番ギャロを、ともに直球で三振に仕留めて、吠えた。

 前田は2―0の6回1死で今季最多の94球を投げ、左打者が続く場面で降板。試合は救援陣が5点を失ったが、6―5で逃げ切った。

試合詳細
前田健太(ロイター)
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請