大谷翔平、右肘死球の影響でレイズ戦登板回避も、指揮官に「出たい」と話し、2番・DHで先発出場

大谷翔平(ロイター)
大谷翔平(ロイター)

◆米大リーグ 米大リーグ エンゼルス―レイズ(3日・アナハイム=エンゼルスタジアム)

 エンゼルスは3日(日本時間4日)、前日(2日)敵地でのマリナーズ戦に「2番・DH」で出場し、初回に右肘に死球を受けた大谷翔平投手(26)の3日(同4日)レイズ戦の先発登板を回避すると発表した。左腕キンタナが中5日で先発する。なお、「2番・DH」として先発出場する。

 マドン監督はオンライン会見で「(大谷が)投げるには痛すぎるようだ。1日か2日ほど休ませて、どんな感じか様子を見てみる。痛みはあるが、打つのは問題ないようだ。だが、90から100球を95から100マイルで投げるには適した状態ではないので、1、2日与えてリラックスさせて、再度そこで確認する。この(レイズとの)シリーズで投げるかもしれないが、ドジャース戦まで待たねばならないかもしれない。まだ確かなことはいえない。でも昨日の試合の後、彼は明日(今日)打ちたいと言ってきたし、肘に球を受けた直後に盗塁したりしているので、日々様子をみていきながらいきたいと思っている」と話した。

 大谷は2日の試合、初回1死走者なしの第1打席で、マリナーズ先発左腕のJ・シェフィールド投手がカウント1―2から投げた93・4マイル(約150キロ)の直球が右肘付近を直撃。装着していた防具の上から当たった瞬間、大声を上げてうずくまった。その後、二、三盗を決めたものの打席では今季初めて2試合連続ノーヒットに終わっていた。

試合詳細
大谷翔平(ロイター)
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請