【巨人】9回継投は執念「ベストを尽くした」…原監督に聞く

原辰徳監督
原辰徳監督

◆JERAセ・リーグ 広島2―3巨人(3日・マツダスタジアム)

 巨人が広島先発の森下に3発を浴びせて競り勝った。初回に坂本が先制5号ソロを放つと、逆転されて迎えた6回には、1日の中日戦(東京D)で途中交代を告げられた丸が復活を示す同点2号ソロ。7回にウィーラーが決勝の4号ソロを放った。9回に4投手をつぎ込む執念のリレーで逃げ切り、連敗を2でストップ。試合のなかった首位・阪神と3ゲーム差に詰めた。

◆原監督に聞く

 ―最後は執念の継投策での逃げ切った。

 「執念と言うか…(笑い)。ベストを尽くしたと言うことでしょうな」

 ―苦しんでいた丸が同点弾を放つ活躍。

 「ねえ! 非常に勝負強さが出てきたね。今日は良かったと思うね」

 ―鍵谷が回またぎで試合を引き締めた。

 「何とかあそこ(6回)を畠が頑張ってくれたらなというのはあったんだけど、非常に厳しい6回、7回を抑えてくれた」

 ―厳しい試合を競り勝ち明日以降につながる?

 「と、思うね。逆転だし、僅差の中で、こうやってどんどん強さが増してくれるといいね」

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請