【広島】栗林良吏、プロ野球新記録も喜び控えめ「初セーブの時の方が…」新人開幕14試合連続無失点

9回に登板した栗林は新人開幕14試合連続無失点のプロ野球記録を樹立した
9回に登板した栗林は新人開幕14試合連続無失点のプロ野球記録を樹立した

◆JERAセ・リーグ 広島1―1巨人(4日・マツダ)

 広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24)が金字塔を打ち立てた。2リーグ制後(50年以降)の新人ではプロ野球新記録となる、デビューから14試合連続無失点。3日はビハインドの場面で、この日の出番は1―1の9回だった。1死から梶谷に左翼線二塁打。プロ初の長打を許したが、坂本を三ゴロ、最後の丸はフォークで空振り三振に仕留めた。

 「チームが勝てていないので、うれしさというのはあまりないです。勝てていたら、そういう気持ちも芽生えていたかもしれないですけど…。初セーブの時の方が、よっぽどうれしかったです」

 試合はドローに終わり、チームの連敗が5で止まらなかっただけに、新人守護神の喜びは控えめ。

 ここまでセ・リーグでトップタイの8セーブを挙げており、佐々岡監督は「本当に気持ちの強いものを持っている。こっちとしては頼もしい。この記録をずっと続けてくれれば、チームの勝利ということになると思うんで」と頑張りをたたえた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請