【高校野球】履正社、今夏から適用の府大会シード逃す 大阪桐蔭など順当16強 2強が明暗

 春季大阪府大会の4回戦が行われ、2019年夏の甲子園で初優勝した履正社は興国に1―4で敗れ、今夏府大会のシードを逃した。大阪桐蔭は関大第一を8―1の7回コールドで破り、シードを獲得した。

 そのほか、大阪、関大北陽、桜宮、東海大大阪仰星、八尾、堺、近大付、富田林、東大阪大柏原、大商大高、箕面学園、大塚、早稲田摂陵、大体大浪商もシード入り。金光大阪、阪南大高、上宮太子などもシードを得られなかった。

 シードは昨夏の府大会で初めて導入される予定だったが、コロナ禍で昨春の府大会が中止になっていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請