五輪内定の14歳・玉井陸斗は8位入賞…飛び込みW杯

1本目の演技をする玉井陸斗(カメラ・竜田 卓)
1本目の演技をする玉井陸斗(カメラ・竜田 卓)

 ◆飛び込み W杯東京大会兼東京五輪最終予選 第4日(4日、東京アクアティクスセンター)

 男子高飛び込み決勝では、東京五輪代表に内定した中学3年の玉井陸斗(14)=JSS宝塚=が424・00点の8位に入った。3本目に予選、準決勝で使わなかった大技の「109C(前宙返り4回転半抱え型)」を投入するなど4本目を終えて4位につけたが、5本目の入水で大きく水しぶきを上げるミスが出て、45・90点にとどまった。ここで大きく順位を落としたのが痛かった。

 玉井は3日の予選で405・20点の15位で準決勝進出を果たして東京五輪代表に内定。準決勝は421・30点の9位で突破していた。「準決よりは高いスコアで、自分が満足行くような演技ができればいい」と意気込んでいたが、五輪へ宿題を持ち帰る。

1本目の演技をする玉井陸斗(カメラ・竜田 卓)
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請