ハイランダーズNO8姫野和樹がNZ国内大会新人賞「僕がもらっていいものか」

姫野和樹
姫野和樹

 ハイランダーズ(ニュージーランド)に所属するラグビー日本代表NO8姫野和樹(26)が、ニュージーランドのチームによる国内大会、スーパーラグビー・アオテアロアの新人賞に選出された。最終節ハリケーンズ戦(4月30日)のパフォーマンスが、当該節で最も活躍した新人と評価されて3ポイントを獲得。出場5試合でのポイントが11となり、負傷で欠場した同僚のコーナー・ガーデンバショップの10を抜きトップになった。

 姫野本人は新人賞の対象であることについて「評価に対してはうれしいけど、僕がもらっていいものか、と、すごく思う。若い選手に良くないのでは」と正直な気持ちを明かしていた。スーパーラグビーでは日本チームのサンウルブズ所属でプレーした経験があり、日本代表の主力として19年W杯でも8強入りに貢献と、すでに実績は十分。「トップリーグで新人王を取ってからすごく成長できた」と、自身の経験も踏まえ、複雑な思いを抱いていた。

 ニュージーランド代表(オールブラックス)の公式サイトでは「日本代表17キャップを持ち、国際舞台ではルーキーとは言えないが、ニュージーランドのチーム所属選手としては初年度である」と説明がされている。コロナ禍でチーム合流が遅れ、先発4、途中出場1の計5試合244分でフル出場はなかったが、与えたインパクトはラグビー王国で認められるに値するものだった。

 今後はオーストラリアのチームとの交流大会スーパーラグビー・トランスタスマンが始まり、ハイランダーズは14日にレッズと対戦する。

姫野和樹
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請