馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 中京 新潟

【NHKマイルC】ルークズネストが好視界 浜田調教師「いい感じ」

ルークズネスト
ルークズネスト

 3歳世代の短距離自慢が集結する第26回NHKマイルC・G1(5月9日、東京・芝1600メートル)で人気の盲点になっているのが、ルークズネスト(牡3歳、栗東・浜田多実雄厩舎)だ。

 シンザン記念は4コーナー7番手からシャープに伸びて2着。ここで賞金を加算できたことでローテーションに余裕が生まれ、逃げ切って重賞初制覇を成し遂げた前走のファルコンSは2か月ぶりの実戦だった。

 「シンザン記念で賞金を加えられた時点でこのローテーションと思っていた」と浜田調教師。ファルコンSを一息入れた後の初戦に定め、たたき2走目で本番のNHKマイルCを迎える。しかも、勝って大一番を迎えられるのだから、これ以上、理想的な臨戦過程はない。

 前走は1400メートル戦だったが、シンザン記念はマイル戦。マイル戦の重賞で2着以上の実績は、3歳馬同士では誇れるはずだが、マイル重賞の実績がないシュネルマイスターやシンザン記念3着のバスラットレオンの人気の陰に隠れている。トレーナーは「ファルコンSはハナのつもりではなかったけど、いい所にはつけるということだったので、たまたま押し出されただけ。馬体重もプラス10キロ(前走510キロ)だから、余裕がありましたね」と、2走目の上積みが大きいことを強調した。

 逃げにこだわらないなら、バスラットレオンの後ろで折り合い、直線で粘り腰を発揮か。長距離輸送は初めてながら「普段入れ込むことはない馬。大丈夫じゃないかな」と、トレーナーはまるで気にしていなかった。シンザン記念もファルコンSも今年はいずれも東京と同じ左回りの中京。新馬戦の2着を含め、実績的には注目のサウスポーが波乱の使者になるか。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請