伊藤達彦、最高のライバルと東京五輪へ「誰でもチャンスはあると証明できる走りをしたい」

伊藤達彦
伊藤達彦

 陸上の日本選手権男子1万メートル(3日、静岡スタジアム)を制し、東京五輪代表に内定した伊藤達彦(ホンダ)が4日、静岡・掛川市内で一夜明け会見に臨んだ。

 親友であり、ライバルの相沢晃(旭化成)と同種目での五輪切符。「相沢君から、これで一緒に走れるね、と。また飯でもいこうよ、というLINEが来ました」と明かした。本大会へ「粘り強さで諦めない走りができればと思うし、トラック(種目)は、世界にかなわないと言われているので、それを覆す走りができればいい」と力を込めた。

 伊藤は、箱根駅伝の有力校の一つとなっている東京国際大で頭角を現し、社会人のホンダでさらに力を磨いた。「幼い頃から五輪に憧れていたとかはないし、スポーツ関連でここまでやるとも思っていなかった。東京五輪では、こういう選手でも誰でも、チャンスがあるんだと、持ち前のがむしゃらな走りで証明していきたい」と宣言した。

伊藤達彦
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請