ジェイ・ホワイト、外道の介入で棚橋弘至下しNEVER王座奪取 史上初の4冠獲得…新日・福岡大会全成績

棚橋弘至を下しNEVER王座初戴冠に成功。ベルトを手に笑顔を見せるジェイ・ホワイト(新日本プロレス提供)
棚橋弘至を下しNEVER王座初戴冠に成功。ベルトを手に笑顔を見せるジェイ・ホワイト(新日本プロレス提供)

◆新日本プロレス「レスリングどんたく2021」大会(3日、福岡・福岡国際センター、観衆2211人)

 メインイベントのNEVER無差別級選手権でジェイ・ホワイト(28)が2度目の防衛を目指した棚橋弘至(44)を撃破。IWGPヘビー、インターコンチネンタル、IWGP USヘビーに続くNEVER戴冠で、史上初の4冠獲得を成し遂げた。

 39分01秒の熱戦は棚橋のテキサスクローバーホールドでジェイがタップしたかに見えたが、マネジャー役の外道(52)の介入でレフェリーが確認できず。逆にジェイが必殺のブレードランナーで棚橋を叩きつけ、3カウントを奪取。マイクを握ると、観衆の抗議の足踏みの中、「俺の時代だ!」と勝ち誇った。

 ▽8人タッグマッチ20分1本勝負

 〇石森太二、EVIL、高橋裕二郎、ディック東郷(9分57秒 ブラディークロス→片エビ固め)矢野通、天山広吉、マスター・ワト、タイガーマスク●

 ▽6人タッグマッチ20分1本勝負

 〇YOH、オカダ・カズチカ、SHO(10分31秒  DIRECT DRIVE→片エビ固め)エル・デスペラード、鈴木みのる、金丸義信●

 ▽8人タッグマッチ30分1本勝負

 〇SANADA、鷹木信悟、内藤哲也、BUSHI、(11分31秒 オコーナーブリッジ)ウィル・オスプレイ、グレート―O―カーン、ジェフ・コブ、アーロン・ヘナーレ●

 ▽IWGPタッグ王座挑戦権争奪戦60分1本勝負

 〇ザック・セイバーJr.(15分12秒 横十字固め)タンガ・ロア●

 ※ザックとタイチ組がIWGPタッグ王座挑戦権を獲得

 ▽アイアンフィンガーフロムヘル争奪ラダーマッチ時間無制限1本勝負

 〇タイチ(27分11秒 アイアンフィンガーフロムヘル獲得)タマ・トンガ●

 ※リング上に吊るされたアイアンフィンガーフロムヘルを獲得したタイチが勝者。獲得したアイアンフィンガーフロムヘルは封印

 ▽NEVER無差別級選手権試合60分1本勝負

 〇ジェイ・ホワイト(39分01秒 ブレードランナー→片エビ固め)棚橋弘至●

 ※棚橋が2度目の防衛に失敗。ジェイが第33代チャンピオンに

棚橋弘至を下しNEVER王座初戴冠に成功。ベルトを手に笑顔を見せるジェイ・ホワイト(新日本プロレス提供)
棚橋弘至を下しNEVER王座初戴冠に成功。ベルトを前に笑顔を見せるジェイ・ホワイト(新日本プロレス提供)
すべての写真を見る 2枚

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請