【巨人】高梨雄平、2死満塁サヨナラ危機抑えた!原監督「執念」9回4投手投入実る

最後を締めガッツポーズの高梨雄平
最後を締めガッツポーズの高梨雄平

◆JERAセ・リーグ 広島2―3巨人(3日・マツダスタジアム)

 一打サヨナラのピンチで、最後に高梨が大仕事を果たした。1点リードの9回2死満塁。代打・田中広を二ゴロに打ち取ると、力強くガッツポーズ。「今日勝つか負けるかはシーズンの中でも大事なところだったと思う。何とか勝ち切れたのは大きい」と、つかんだ1勝の重みをかみしめた。

 1イニングに4投手をつぎ込む執念の継投に、救援陣が応えた。最終回は8回から回またぎした中川が先頭・安部を二ゴロに抑え、ビエイラにスイッチ。だが、松山、小園に連打を浴びると、原監督はすかさず桜井を投入した。暴投で二、三塁としたが、石原を空振り三振。打席に好調の菊池涼を迎えたところで、指揮官は今季初めて自らマウンドに向かった。バッテリーの意思を確認した上で申告敬遠で歩かせ、代打・田中広に対して高梨を起用して逃げ切った。

 同点に追いついた直後の6回2死一、三塁でリリーフした2番手の鍵谷も存在感を示した。クロンを遊ゴロに仕留めピンチを脱すると、7回も続投。3者凡退で今季初勝利を手にした右腕は「何とか粘ってみんなで勝てたので良かったです」。ブルペンが総力でつかんだ1勝。原監督は「執念というか、ベストを尽くしたということ」と懸命の継投を振り返った。

試合詳細
最後を締めガッツポーズの高梨雄平
すべての写真を見る 1枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請