【西武】辻監督リクエストもファウル判定覆らず逆転タイムリー幻…初の5位転落

8回2死二、三塁、宗佑磨に中前ランニング本塁打を打たれ渋い表情の辻発彦監督
8回2死二、三塁、宗佑磨に中前ランニング本塁打を打たれ渋い表情の辻発彦監督

◆パ・リーグ 西武3―6オリックス(3日・メットライフ)

 西武は7回、1点差まで追い上げ1死満塁。呉念庭が左翼線に放ったライナー性の打球はファウルと判定された。ライン上の微妙な打球に辻監督がリクエスト要求も、判定を覆すだけの映像はなく、ファウルの判定は変わらなかった。

 フェアなら最低でも2人の走者がかえり、逆転していたが、幻となった。その後、呉は空振り三振、山田も遊ゴロに倒れた。

 先発の新外国人左腕・ダーモディは5回無失点と好投も、2番手の宮川が3失点。今季初登板の森脇も8回、宗にランニングでの3ラン(中堅手の金子が左翼方向へチャージも、ライナーはグラブの横を抜け記録はランニングホームラン)を許した。

 チームは連敗で今季初めて5位に転落した。

試合詳細
8回2死二、三塁、宗佑磨に中前ランニング本塁打を打たれ渋い表情の辻発彦監督
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請