トヨタ自動車・豊田章男社長に粋な誕生日プレゼント スープラがポールを獲得

スーパーGT第2戦でポールを獲得した宮田(左)と国本
スーパーGT第2戦でポールを獲得した宮田(左)と国本

◆スーパーGT第2戦 たかのこのホテル FUJI GT 500キロレース(3日、静岡・富士スピードウェイ=1周4・563キロ)

 昨年は新型コロナウイルスの影響で延期され、2年ぶりのGW(ゴールデンウィーク)での開催。有観客でノックアウト方式の公式予選を行った。

 ポールポジションはトヨタのウェッズスポーツ・アドバン・GRスープラ(国本雄資、宮田莉朋組)。Q2で21歳の宮田が1分26秒496のベストタイムをマークした。若手の宮田にとっては初めてのポール獲得となった。

 2番手はホンダのARTA・NSX―GT(野尻智紀、福住仁嶺組)、3番手はトヨタのゼント・セルモGRスープラ(立川祐路、石浦宏明組)が付けた。

 この日は観戦したトヨタ自動車の豊田章男社長の65歳の誕生日。自らも「モリゾウ」というドライビングネームを名乗り、様々なレースに参戦している。国本は「いい誕生日プレゼントができました」と最高の笑顔を見せていた。

 決勝は4日14時半から500キロ、110周のロングディスタンスで争われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請