田中希実が800mで自己新の2分3秒19 “ポケット”に苦しむも「あと1秒は良くなる」

女子800メートルで2位に入った田中希実(左、カメラ・太田 涼)
女子800メートルで2位に入った田中希実(左、カメラ・太田 涼)

◆陸上 ▽静岡国際(3日、静岡・エコパスタジアム)

 女子800メートル決勝が行われ、東京五輪5000メートル代表の田中希実(豊田自動織機TC)が自己新となる2分3秒19で2位に入った。優勝は2017年日本選手権女王の北村夢(エディオン)で2分3秒05だった。

 1周目のラップが61秒と余裕を持って通過した田中だったが、そこから内側のレーンに追いやられ、選手に囲まれて抜け出せない通称「ポケット」と呼ばれる状況に陥った。「バックストレートで先頭に追いつかないと行けない形になってしまったので、そこで変な動きしたことで先頭に追いつけなかった」。位置取りのミスによってポジションを上げることに手間取り、追い上げるタイミングが遅れたことで先頭には届かなかった。

 自己新記録をマークしたことに「うれしい」と笑顔を見せつつも、「世界と戦うこと考えると、(2分)2秒台では走っておきたかった。今回はラスト200メートルが上がらなかったので、うまく加速できていればあと1秒は良くなったと思う」と冷静に分析。さらにスピードに磨きをかけて、今夏の大舞台に挑むつもりだ。

女子800メートルで2位に入った田中希実(左、カメラ・太田 涼)
すべての写真を見る 1枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請