わずか2日で完売した斬新すぎる応援タオル「名前だけでも覚えて帰ってください!」の誕生秘話

わずか2日で完売した「名前だけでも覚えて帰ってください」タオル(写真は株式会社ナゴヤドーム提供)
わずか2日で完売した「名前だけでも覚えて帰ってください」タオル(写真は株式会社ナゴヤドーム提供)

 メッセージ性が強すぎるタオルが、竜党のSNS上で話題になった。

 「名前だけでも覚えて帰ってください! バンテリンドーム ナゴヤ」

 あの会社の、あの塗り薬を連想させる濃い緑に、ゴシック体で大きく文字が並んだスポーツタオル。今年から新名称となった「バンテリンドーム ナゴヤ」で3月の本拠地開幕戦で発売(税込み1000円)され、わずか2日で完売した。再販の予定はなく、世界で約200枚限定のレアものタオルになった。

 この奇抜なデザイン、メッセージのタオルが誕生するきっかけになったのは、新型コロナによる大声での応援自粛の影響だった。株式会社ナゴヤドーム物販部・和田弘毅さん(38)は「スポーツ観戦には欠かせない声の応援ができないことで、どうやって声以外でメッセージを伝えることができるか考えていた。ちょうどナゴヤドームの名称変更も発表され、タイミング的にも良く、新名称が親しみを感じてもらえるように」と明かしてくれた。

 実際にこのタオルが発売され、購入者がSNS上にアップすると「再販希望!」や「このタオル欲しい」と言った声もあがった。

 同社としては1997年の開場時に作った「ドームくん」のマスコットキーホルダー&ピンバッチ以来となる、24年ぶりの新作グッズだった。元々、同社の物販部はドーム内の店舗運営や、いわゆる“卸的役割”の側面が強い。オリジナルグッズの開発は積極的にしてこなかったが、新名称の認知も狙い、20~40代の社員を中心に会議を重ね、前作のタオルを開発。好評だったこともあり、今月3日のDeNA戦からは待望の新作も発売されることになった。

 3種類のグッズが今日から登場する。「ハッシュタグタオル」(税込み1000円)と「ワンチャンタオル」(税込み1200円)、「バンテリンドーム ナゴヤキーホルダー」(税込み700円)が新登場。いずれも数量限定で、ドーム内のコンコース売店とプリズマクラブで購入できる。

 選手個人名の入ったタオルが全盛の時代に、クセが強いタオルを開発し市場に投入。最近はインスタグラムやツイッターでの発信も積極的に行い「ネーミングライツで球場名が変わった、1年目こそ覚えてもらうチャンス」(同社担当)と、バンテリンドーム関係者もドラゴンズの盛り上げに貢献する。コロナ禍だが、できることはたくさんある。(中日担当・長尾 隆広)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請