東北福祉大が開幕2連勝。プロ注目左腕三浦が8回0封、7三振…仙台六大学野球

8回無失点と好投した東北福祉大・三浦
8回無失点と好投した東北福祉大・三浦

◇仙台六大学野球春季リーグ第1節第2日(2日、東北福祉大)東北福祉大2―0東北学院大

 プロ注目選手が活躍した仙台大と東北福祉大が、開幕から2連勝を飾った。福祉大は先発左腕の三浦瑞樹投手(4年)=盛岡大付高=が、8回を投げて4安打無失点と好投して東北学院大を2―0で退けた。仙台大は4番・川村友斗中堅手(4年)=北海高=が、7回にコールド勝ちを決める“サヨナラ2ラン”で東北工大に7―0で勝利。

 低めを丁寧につき、持ち味を存分に発揮して好投を演じた。東北福祉大の先発・三浦が2回以降毎回走者を許しながら、8回を投げて4安打7奪三振に「ランナーがいても自分の投球ができたのがよかった」。3回に1番・中坪将麻中堅手(4年)=明徳義塾高=が放った右越え2ランによる2点を守り切る投球に、大塚光二監督も「三浦と(9回に登板した)細川(拓哉)に尽きる」と投手陣をたたえた。

 投球フォームの改造に着手した影響で、3月頃まで状態は悪かった。だが右肩が開かないことを意識しながら調子を上げ、リーグ戦前の紅白戦などで好投。開幕2戦目の先発の座をつかみ、結果で応えた。プロ入りを希望しており、この日の好投はスタンドのスカウト陣へ好アピールになったはずだ。三浦は「勝てる投手になれるように頑張っていきたい」と決意。リーグ6連覇を目指すチームで、これからも持ち味を出して勝利に貢献する。

8回無失点と好投した東北福祉大・三浦
すべての写真を見る 1枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請