ボクシング王者夫婦に待望の第1子 元世界チャンプ・好川菜々さんが男児出産

好川菜々のリングネームで女子世界チャンプに輝いた現役時代の野上奈々さん。右は夫の真司さん
好川菜々のリングネームで女子世界チャンプに輝いた現役時代の野上奈々さん。右は夫の真司さん

 好川菜々のリングネームで活躍したプロボクシングWBOとWBC暫定の元女子世界フライ級王者・野上奈々さん(42)が3日、大阪府内の病院で第1子を出産した。3220グラムの男児で母子ともに健康。夫の真司さん(46)も元WBOアジアパシフィックスーパーフェザー級王者で、チャンピオン夫妻に待望のベビーが誕生した。

 奈々さんは出産後、喜びのコメントを寄せた。「はじめて見た息子の姿は何物にも変えられない愛おしさでした。これからですが、私は息子にボクシングをやらせます(笑)。UJ大会で優勝させてその足で主人の力を借りてアメリカもしくはメキシコのプロモーションに預けます! そして世界ではじめての父・母・子でチャンピオンベルト獲得を目指します。早速プロモーションに宣伝活動ですかね。頭の中は夢でいっぱいです」(原文まま)。早くも親子2代でのタイトル獲得を見すえている。

 奈々さんは現役時代の2015年、奈々(なな)の名前にちなんで7月7日、自身のトレーナーだった真司さんと結婚した。夫婦タッグで国内外のタイトルマッチを戦い抜き、女子世界王座を2度獲得。WBO、WBCからカップル賞も授与されている。奈々さんが現役引退後の2018年、夫婦で大阪・堺市内にディアマンテジムを開設。奈々さんがジム会長、真司さんがオーナー兼トレーナーとして後進の指導にあたっている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請