【かきつばた記念】2番人気ラプタスが連覇

ラプタス(写真はポラリスS優勝時)
ラプタス(写真はポラリスS優勝時)

◆第23回かきつばた記念・交流G3(5月3日、名古屋・ダート1400メートル)

 今年10戦目の交流重賞はJRA5、名古屋6、兵庫1の計12頭によって争われ、2番人気に推されたJRA所属のラプタス(セン5歳、栗東・松永昌博厩舎、父ディープブリランテ)が幸英明騎手の騎乗で逃げ切り、昨年に続く連覇を飾った。勝ち時計は1分25秒2(良)。

 前日の天皇賞・春をワールドプレミアで制した福永祐一騎手が手綱を執ったテイエムサウスダンが、単勝1・7倍の1番人気に推されたが惜しくも2着。3着は3番人気のベルダーイメル(吉田隼人騎手)が続き、JRA勢が上位を占めた。

ラプタス(写真はポラリスS優勝時)
すべての写真を見る 1枚

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請